検査・研究開発
オテックは品質にこだわり、環境への配慮もおこたりません。
検査・品質管理について
お客様に完璧な状態で品物を納品するために、各種検査機器によって検査を実施しております。
まためっき液の管理・開発のために各種分析装置も取り揃えています。
検査・分析機器
  • 卓上走査電子顕微鏡
    (日本電子製 JCM-6000)
  • 高精度マイクロスコープ  2台
    (キーエンス社製 VHX-100F、VH-5000)
  • 高速液体クロマトグラフ(島津製作所製)
  • 紫外可視分光光度計(島津製作所製)
  • トライボギア
    (新東科学 TYPE38)
  • テーバー式磨耗試験機
  • 超音波膜厚計
  • 電磁式膜厚計
  • 電解式膜厚計
  • 微小硬度計
  • サーフコム表面粗さ計
  • NF粗度計
  • 静摩擦係数測定機
  • 金属顕微鏡
  • 実態顕微鏡
  • 光沢度計
環境対応
化学物質を使用するめっき業者にとって環境に対する配慮は当然の義務であると考えています。廃水処理、排気処理を十分に行うのはもちろんのこと、イオン交換樹脂を利用しためっき液の再生にも取り組んでいます。
主な環境対策設備
  • めっき液再生装置
  • めっき用排水全自動処理装置
  • 研磨排水処理装置
  • スラッジ脱水機
  • 排風洗浄処理装置
  • 集塵装置
硬質クロムめっきにおける6価クロムの残留について
我々が取り扱っている硬質クロムめっきの原材料はROHS指令等で有害物質に指定されている6価クロムです。6価クロムは発ガン性があるとされるため、その取り扱いには十分な注意が必要です。我が社ではめっき後の品物に付着したクロムめっき液を社外に持ち出さないために十分な水洗作業を実施しております。クロムめっき液は一般的に水洗によって完全に洗い流すことができると言われています。実際に十分に水洗した当社のめっき製品から6価クロムが検出されないことは公設研究機関での実験により確認されています。
クロムめっきの安全性について
クロムめっきは金属クロムです。金属クロムはステンレス等にも含まれている安全性の非常に高い金属です。当社では扱っているめっきの安全性を証明するため、「食品、添加物等の規格基準(厚生省告示第370号)に基づく器具及び容器包装規格」に適合していることを確認しています。このため、食品等が直接触れるような部位にも安心してご使用いただけます。(検査結果の写しはご要望があれば提出可能です)