硬質クロムめっき
表面処理
硬質クロムめっきは工業用クロムめっきと呼ばれ、耐摩耗性、耐食性、離型性等多くの優れた機械的特性を持つ代表的な工業用めっきです。
硬質クロムめっきの特徴
硬度
一般的にはHv700以上とされています。
オテックでは液組成の調整により、Hv900以上の高硬度のめっきをご提供しております。
各種めっき皮膜および金属素材の硬さ
めっき および鋼種 硬度(Hv)
クロアモール(弊社オリジナルめっき) 1500〜1800
クロムめっき 800〜1000
ニッケルめっき 400〜500
ニッケル-リンめっき 400〜500
ニッケル-リンめっき(熱処理) 800〜1000
銅めっき 60
亜鉛めっき 40
アルミ及びアルミ合金 20〜140
中炭素鋼焼入れ焼戻し 160〜285
オーステナイト系ステンレス鋼 200〜260
クロムモリブデン鋼 245〜440
冶金学的製法と電気的折出による各種金属の硬さの比較
硬度
摩擦係数が小さく、耐摩耗性に優れています。
硬度
400℃以上に加熱することにより、急激に硬度が低下します。オテックではめっき後の水素除去の為のベーキングは専用の炉を使用し、厳密な温度管理の下に行っています。
加熱によるクロムめっきの硬さの変化(加熱時間3時間)
硬度
塩化物以外の化学薬品に対して安定しています。
硬度
めっき表面の微細なクラックの影響により保油性に優れています。保油性をさらに高めたい場合にはクラックを広げたポーラスクロムめっきにも対応できます。
硬度

処理温度が約50℃と低温であるため、素材への熱的影響がほとんどありません。

加工表面の粗さが自由に設定できます。(超鏡面(0.05S以下)梨地(マット)セミマットミラーポケット等)

寸法精度の確保及び再加工や部分加工(肉盛り)が可能です。

ニッケルめっきを下地にはることで、耐食性を向上させることができます。

加工可能な下地素材
鉄鋼、ステンレス、アルミニウム、銅、銅合金、ニッケル、チタン等広範な金属素材に施工可能です。
硬質クロムめっきの用途
各種ロール、各種金型、シリンダー、ピストン、ピストンロッド、各種シャフト、コーターバー等

光学用フィルム製造用クロムめっきロール

コーターバーへのクロムめっき

硬質クロムめっき関連設備
めっき槽
総液量
11槽
約120,000リットル
整流器 23台(総電気量 約83,000A)
クレーン 10トン他
円筒バフ研摩機 7台(最大φ850×6000)
内径バフ研摩機 2台
液体ホーニング設備 1台
大型ベーキング炉 2台(内寸W1,600×L5,300×H1,400)
※大型ベーキング炉での熱処理のみの仕事も受けたまわります。